面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

TOLOT(トロット)の年賀状印刷が安い!22枚500円で送料無料

f:id:uchinokosodate:20181223043933j:image

年賀状、まだ書いてない・・!と焦りだした12月20日。毎年、家族写真を使って年賀状を作成し、印刷を業者に依頼していたのですが、安い業者さんを探したり、そのサイトでお気に入りのフレームを探して年賀状を作るのが面倒になってしまい、今年はまだ作成できていませんでした。ネットスクウェアというサイトが安いことを9月に発見していたのですが、12月になり割引率も下がったので、もっと安いところはないかと再度探したら・・

ありました!22枚で送料・税込み500円という感激の安さ、「TOLOT」(トロット)です。元々、フォトアルバム(写真64枚入り)が1冊500円で作れるので、子どもの成長記録・携帯の写真整理に使用していたサイトです。年賀状印刷も始めたんですね~。切手代は別(自分で用意する)ということと、発送が5日~2週間後になるという点が少しネックですが、今年は最小限の枚数に抑え、少しくらい遅れて届いてもいいやと思ったので、今年はTOLOTで年賀状を作成しました。本日は、TOLOT年賀状の魅力と、おすすめの使い方をご紹介したいと思います。写真加工アプリPerfect Image を使って年賀状を作る方法も書きますので、良ければ参考にして下さい!

 

◆TOLOT年賀状の魅力

まずはTOLOT年賀状の魅力を3点まとめてみます。

①とにかく安い

年賀状印刷が500円なんて、とにかく安い!多くのサイトは「基本料 + 印刷代×枚数 + オプション」で、基本料だけで2,000円超えたり、10枚単位で枚数が少ないほど印刷代が高かったり、送料は別だったりして、合計金額が500円で収まるのはとても珍しいです。切手代は別ですが、22枚すべて使用したとしても切手代62円×22枚=1,364円。TOLOT代500円と合わせて1,864円。10枚なら切手代620円+TOLOT代500円=1,120円。枚数が少なければ本当に安くて衝撃の価格設定だと思います。

f:id:uchinokosodate:20181223044912j:image

②宛名・差出人印刷も無料

なんと、500円の中で、宛名・差出人印刷もしてくれます。宛名印刷のためにはTOLOTの「連絡先」に宛先を登録します。宛名をきれいに印刷したい場合や、データがすでに手元にあってコピペが苦でない場合はぜひ利用したいサービスです。

また、宛名と差出人の間にコメントを印刷することもできます(22文字×2行)。

f:id:uchinokosodate:20181223044952j:image

③フレームデザインが多すぎない

デザインが豊富なのが魅力のサイトもありますが、豊富すぎて選ぶのが大変な場合も。TOLOTの年賀状は大きく分けてキャラクターものか、そうでないか。キャラクターが「はらぺこあおむし」「トーマス」など5種類で、全部で25のデザインがあります。キャラクター以外は「和モダン」「ポップ」など8種類。喪中用もあり、全部で67デザインです。それぞれのカテゴリーに入っているデザインは多くても12程度なので、ささっとチェックして、簡単にお気に入りが選べます。

f:id:uchinokosodate:20181223045912j:image

(↑名前の横の数字がカテゴリー内にあるデザインの数です)

キャラクターは、トーマス、キティーちゃん、ポケモンなど人気のキャラクターが勢ぞろい。これもかなり嬉しいポイントです。ただし、キャラクターものは600円になります。

◆TOLOT年賀状 おすすめの使い方

注文の流れはこんな感じ。

f:id:uchinokosodate:20181223050003j:image

上記の「デザインと写真を選択」について、実際に使ってみてわかった、おすすめの使い方をご紹介します。

①顔が大きすぎず、中央にある写真を用意する

写真を選択する際、フレームに合わせたサイズで切り取りをするのですが、拡大縮小ができず、写真の端は切れてしまいます。私が使いたかった写真は画面いっぱいに4人写っていたのですが、それを拡大縮小せずに使えるフレームは少なく、探すのに苦労しました。

f:id:uchinokosodate:20181223051025j:image

f:id:uchinokosodate:20181223051034j:image

(↑正方形のフレームだと入りきらず、トーマスは断念。。)

色々試した結果、4人全員収まるフレームは「スタンダード」というカテゴリが良さそうでした。

f:id:uchinokosodate:20181223051411j:image

②写真加工アプリでフレームをつけ、スタンダード(全面写真)を使う

ちょうど良いフレームがなければ、写真加工アプリを使って、自分でフレームをつけるのも手です。TOLOTのフレーム「スタンダード」にある「全面写真」を使えば、加工した写真をそのままハガキに印刷できます。

f:id:uchinokosodate:20181223065327j:image

ちなみに私が使った写真加工アプリは「Perfect Image」というもので、フレームをつけたり、スタンプや文字が入力できます。「A Happy New Year」とか、「今年もよろしくお願いします」などの文言も入れられて便利。このブログで使っている写真も、このアプリで加工編集しています。

f:id:uchinokosodate:20181223052228j:image

③2枚以上の写真を使いたい時も、事前に写真加工アプリで編集する

TOLOT年賀状は複数の写真を選択することができません。私は家族写真と、ペットの犬の写真を使いたかったので、Perfect Image を使って編集しました。Perfect Image の「マガジン」には、複数の写真を入れられるフレームが揃っていて便利です。

【Perfect Image「マガジン」使い方】

・トップ画面で、一番右のアイコンをクリック

f:id:uchinokosodate:20181223053702j:image

・使う写真を選んだら「マガジン」をクリック

f:id:uchinokosodate:20181223053716j:image

・下の一覧から好きなフレームを選び、位置を調整する

f:id:uchinokosodate:20181223053732p:image

完成した我が家の今年の年賀状はこちらです!皆さま、来年もよろしくお願い致します。

f:id:uchinokosodate:20181223055113j:image

◆おわりに

TOLOT年賀状、実は「ポストカード」というサービスの一部で、年賀状以外にも結婚報告、出産報告のフレームや、「season’s greetings」など喪中でも使えるフレームがあるのも魅力。

f:id:uchinokosodate:20181223053911j:image

余裕がある時に宛先登録して、これからは毎年お世話になろうと思います。これから年賀状を作る方はぜひ一度見てみて下さい。

▼TOLOTのサイトはこちら▼

年賀状は500円でOK【TOLOT年賀状】

▼おすすめのアプリ、サービスに関するほかの記事はこちら▼

www.uchino-kosodate.info

www.uchino-kosodate.info

www.uchino-kosodate.info

 

最新情報をチェックしよう!