面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

ラルクアンシエルのライブDVDを購入した話

f:id:uchinokosodate:20180911120214p:image

最近、中学生の時大好きだったラルクアンシエルに再びはまっていることを、先日のブログで告白しました。ラルクのライブDVDが欲しくて、いつか頑張った自分へのご褒美に買おうと思っていました。しかし、youtubeで断片的に見れば見るほど通しでちゃんと見たい、きれいな画質で見たいという気持ちが高まり、自分への一足早いクリスマスプレゼントということにして(3か月も早いけど)購入することを決意。そこからが大変で、色々紆余曲折があり、手に入ったものの見ることができない時期もあったのですが、昨日とうとう自宅で見ることができました・・!今日はその騒動記を書きたいと思います。

ラルクにはまっている話はこちら▼

www.uchino-kosodate.info

 

◆購入するDVDを決める

f:id:uchinokosodate:20180911120214p:image

まず、たくさんある中からどのDVDにするかをたいそう悩みました。ネットで画像やら曲目やら調べて、2012年に国立競技場で開催された20周年ライブを収めたDVDに決定。このライブは、メイク、衣装、セットリストを比較して、一番好きなライブでした。特にseventh heavenという曲の、ある1か所のhydeさんが大好きで、このシーンを見るために購入したと言っても過言ではありません。

ところがいざ購入しようとすると、同じライブのDVDなのに違う値段で沢山種類が出ている・・。どういうこっちゃと再びネットで調べると、このライブは10か国を回ったワールドツアーのファイナルということで、国立競技場でのライブに加えて外国でのライブ音源も一部入れられており、ホノルル版、シンガポール版・・という具合に国ごとに10バージョンが分かれて販売されていることが判明。

そこでどの国のバージョンにするかを決めるため更にネット検索。セットリストを比較して、お気に入りのseventh heavenが入っている上海版に決めました。

Amazonでは販売終了で値段高騰

初めはAmazonで商品検索しました。ところが国が違うと値段も違って、上海版はめっちゃ高い(21,733円)!HMVのサイトを見ると、当初は12,000円位だったみたいですが、ホノルル版と上海版は販売終了していて購入できず、そのためかAmazonでは金額が跳ね上がっていたのです。

いくらクリスマスプレゼントといっても2万円はさすがに買えない・・。打ちひしがれた私ですが、ふと思い付き、メルカリで試しに検索してみたら、あった上海版!!

もちろん上海版以外も出ていて、そこで初めて私はブルーレイ版の存在を知りました。ブルーレイ版は外国のライブ音源CDは付かず、代わりに「マルチアングル」というものがついているらしい。再び「マルチアングル」を検索すると、メンバーごとに、そのメンバーだけを1曲通して収めた映像で、1人4曲ずつ入っているとのこと。詳しくブログでレポートしている方がいて、それを読んだらどーしてもブルーレイ版が欲しくなってしまいました。

Amazonでも中古の取り扱いはありますが、メルカリの方が出品者とメッセージのやり取りをして詳しく状態や内容を確認できたので、メルカリにして良かったです。出品者の方は、自分用と保存用に2つ購入してた内の、保存用の方を販売していたので、1度再生しただけでほぼ新品でした。お手紙を添えて送ってくれて、ラルク好きなんだなぁということが伝わる文面だったので、これもとても嬉しかったです。

◆家でブルーレイが再生できない

ここで1つ問題が。我が家はかつてプレイステーションでDVDを再生したりYouTubeをTVに映したりしており、その時はブルーレイも見れたのですが、イヤイヤ期の息子がYouTubeを見たい見たいと言って困ったときにプレステを取り外して隠してしまったのでした。その後は、DVDはパソコンで見れるけど、ブルーレイは見れない状態。プレステを接続すれば見れますが、夫に「かなり複雑で大変だよ」と脅かされたこともあり、実家に行った時見ることにしました。実家にはブルーレイを再生できる機械があります。

◆実家でもブルーレイが再生できない

電車で片道1時間の実家。なかなか行く機会を作れず、購入から1週間お預け状態でしたが、いつか見るのを楽しみに過ごしていました。そしてついに実家に行くチャンスが訪れ、ワクワクしながらブルーレイを挿入すると・・・。なんと「ディスクを再生できませんでした」のエラーメッセージ。

普段は見ない取扱説明書を引っ張り出し頑張りましたが解決できず、泣く泣く断念。いやぁ、この時は本当に涙が出そうでした・・。

◆自宅のプレイステーションを復活させる

こうなったら自宅のプレステ様に再び登場して頂くしかない・・!

機械音痴で普段は全て夫にやってもらっていた私ですが、夫は出張中。意を決してまずはプレステを出す。

f:id:uchinokosodate:20180911141153p:image

神々しい・・

夫からは「HDMIをつなぐんだよ」と教わりました。「コンセントも?」と聞くと「当たり前じゃん」と言われましたが、ええ、そのレベルなんです。

HDMIとコンセント、どこに差すんだろう・・。穴がいっぱいあってクラクラします。

f:id:uchinokosodate:20180911125632p:image

とりあえず元々プレステを置いていたテレビの下をのぞきこむと、コードが2つ。これをつなげばいいのか・・?

f:id:uchinokosodate:20180911141116p:image

口が合う穴に差し込んでみると・・電源ランプが小さく赤く光り、プレステに命が宿りました・・!も、もしや私、できてしまったのでは・・!?

◆祝!再生

ドキドキしながらブルーレイを挿入。しばらく真っ黒だった画面に、突然文字が現れ、ライブが始まりました!

f:id:uchinokosodate:20180911141136p:image

歓喜会場とともにこちらも歓喜

寝ている赤ちゃんが起きるたびに一時停止しながら、ちまちま見ています。

やはりYouTubeと違って画質が良いし、YouTubeにはなかったMCに笑ったり、メンバーのソロパートに感動したり、改めてバンドとしてのラルクアンシエルのすごさを実感。

国立競技場をうめつくすお客さんを上空から撮った景色は圧巻で、時々映るお客さんの表情を見ると、みんなとても喜んでいて嬉しそう。今回DVDを売ってくれた方も、DVDのレビューを書いていた方も、ラルクへの愛を前面に押し出しており、普段の生活でラルク好きを共有する人がいない私にとっては、直接ではないけれどラルクファンの方々と気持ちを共有できたようでとても嬉しかったです。中学生の時、友達とCDや雑誌を貸し借りしあって、一緒にきゃーきゃー言って騒いでいたのを懐かしく思い出します。

◆おわりに

息子にはプレステがなくなったことを「泥棒さんが持って行っちゃったよ」と説明していました。「いつ返してくれるかなぁ」と言っていた息子はさぞや喜ぶだろうと思っていましたが、戻っていることに全く気付いていません。プレステ隠しても、結局携帯やパソコンでYouTubeに頼ってしまうこともありました。一時離れたことで、「おわりだよ」と言えば終わりにできるようになっていれば良いのですが・・。

私は私で、普段は避けている機械の接続に挑戦した自分に驚き。とにかくDVDを見たい一心でした。やはりモチベーションは重要ですね。子どもにも何かやってほしいことがある時は、その先の楽しみなり、メリットなりを教えて「やる気」を引き出したいものです。

さ、今日もラルクに元気をもらって、家事育児頑張ります!

▼プレステを隠した時の話はこちら▼

www.uchino-kosodate.info

最新情報をチェックしよう!