面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

出生届で困ったこと 住民票(個人票)が手元にあると便利

f:id:uchinokosodate:20180627162853p:image

生後14日以内に提出しなければならない出生届。

記入しようとして困ったのが、「本籍」と、「父母の結婚式または同居を開始した月でいずれか早い方」

 

覚えてないよ〜!

私は退院後すぐ実家に帰ったので、夫に電話して、家にある戸籍謄本か、よっぴぃの出生届のコピーを見てくれるよう頼みました。

結局よっぴぃの出生届のコピーがすぐ見つかったので、それを書き写して解決したのですが、今調べたら戸籍謄本では「父母が同居を開始した月」は分からないようです。

住民票(個人票)なら、本籍を載せることもできるし、過去の住所の変更履歴も分かるみたいです。

世帯票だと現住所と1回分の前住所しか載らないそうなので、複数回引っ越しをしていると、最初に同居を開始した月は分からないかもしれません。

余談ですが、うちは結婚するときに本籍を覚えやすいのにしようと言って、皇居と同じにしたのですが、これは失敗でした。

戸籍謄本が必要になると千代田区役所まで取りに行かねばならず、不便なのです。

しかも結局覚えられない(笑)

毎回ネットで「本籍 皇居」で調べてます。

本籍って、、いる!?

でもきっと、「本籍がある=戸籍がある」ってことですよね?

住所は引っ越しの度に変わるもんなー。やっぱり必要か。

生まれて、日本人として、そして誰の子かを登録する手続き。。

事務処理的にやっちゃったけど、出生届を出すって重い意味のある事ですよね。

改めて、「うちの子になってくれてありがとう」という気持ちになりました。

最新情報をチェックしよう!