面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

【シェーン英会話】初めて1人で教室に入れました! 2歳児グループレッスンの歩み

  • 2018年5月23日
  • 2019年1月11日
  • 習い事
  • 57view

f:id:uchinokosodate:20180521162102p:image

4月からシェーン英会話 2歳児クラスに入ったよっぴぃ。

「ママも一緒」からなかなか脱せなかったのですが、

夫の協力のおかげで、5回目にして突然独り立ちしました。

 

◆4回目まではママ同伴

他の子はみんな、ママなしで授業に参加していたのですが、よっぴぃは違いました。

ママが同じ部屋にいなきゃダメで、途中でこっそり抜け出すと、

いないと気付いた時に教室から出てきて探すほど。

しかも、教室内ではママに話しかけてばかりで、

全然先生や他の子とやり取りをしないし、

挙句、ゴロゴロ寝転がって完全にダラけモード

回を重ねる毎にそれが悪化してしまい、授業の妨げになって申し訳なかったので、

4回目の頃は個人クラスへの変更を検討していました。

グループなら1回40分で、個人クラスだと20分。

しかも希望の曜日に空きクラスがなく、

事務の方と頭を突き合わせて考えていたところ、

またしても教室を抜け出したよっぴぃが、待合室でおちゃらけ始めました。

◆夫の説得

すると、夫が「車見せてくる」と言って、よっぴぃを外に連れ出してくれました。

事務の方との話し合いも終わってしばらくした頃、

戻ってきたよっぴぃは両方の鼻から水を垂らしておりました。

「外がそんなに寒かったのか!?」と思ったら、

夫が一言「説得してきた。

コロリと大人しくなったよっぴぃは、その後一人で教室に入り、

残り10分、授業が終わるまで一人で参加する事ができました。

◆夫の説得方法

夫に、「どうやって説得したの?」と聞いたところ、

どうも最初は普通に車を見ていたのが、「教室に戻るよ」と言ったら

夫の顔を叩いたらしく、夫もよっぴぃの顔を叩き返した事から始まったようです。

泣くよっぴぃに、

頑張って一人で教室に入ってみようよ」と夫が訴えたところ、

わかった。」と納得したそうです。

普段の生活でも、イヤイヤでぐずって手がつけられない時、

夫が真剣に訴えるとよっぴぃが言う事を聞く事がよくあります。

私は叱るのが苦手で、真剣に話してるつもりでも

よっぴぃには全然まじめに受け取ってもらえません。

なので気をそらすとか、ゲームにしてやる気にさせるなどの方法を模索しています。

夫の場合は、声も大きくなり一見怒っているようですが、

内容は理路整然としており、

「よっぴぃはできるんだから、頑張ってみようよ」という激励型なので、

よっぴぃも納得して説得に応じるようです。

◆5回目は最初から1人で教室に入る

そして1週間後の5回目。

前日から、「明日はシェーンだよ。また1人で入ってみようね!」と仕込みます。

よっぴぃは少し考えて「ママとパパと一緒?」と言うので、

「入口までは一緒だけど、お教室には1人で入ってみようね。

ママとパパは外で待ってるからね」とドキドキしながら伝えました。

イヤって言うかな〜と心配しましたが、案外アッサリ、「うん」でおしまい。

当日朝も同じやり取りを繰り返し、シェーンに着くと、

オモチャにつられながら1人で教室に入って行き、そのまま授業に参加しました。

30分後、突然ひょっこり出てきましたが、夫が手を引いて教室に戻すと、

そのまま最後まで1人で授業を受ける事が出来ました。

◆おわりに

この調子なら、個人クラスへの変更なく、グループレッスンを続けられそうです。

先週までゴロゴロやりたい放題だったのがウソみたい。

ちゃんとイスに座ってお絵描きしたり、先生の顔を見て遊んでる。

やる気になったらできるんだ~、としみじみ。

事務の方いわく、

ママと一緒だと1人で参加できないパターンは多いとか。

最初から夫に連れて行ってもらえば良かったのかもしれません。

今までの苦労は、気になって一緒に行った私の責任ということですね。

何はともあれ、ようやくスタート地点に立ったという感じ。

これからどんな変化があるのか楽しみです。

シェーンからの帰り道、よっぴぃの大好きなりんごを買いました。

スーパーを出た途端に爆睡。

よく頑張ったよ、よっぴぃ!

頑張って、できて、楽しかったという経験が、彼の自信になって

心の成長につながればいいなと思います。

f:id:uchinokosodate:20180521162301p:image

▼シェーン英会話のHPはこちら▼

【シェーン英会話】

▼シェーン英会話に関する前回の記事はこちら▼

www.uchino-kosodate.info

最新情報をチェックしよう!