面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。
NO IMAGE

【お花見】小石川植物園に行ってきた!

f:id:uchinokosodate:20180326095738j:image

今週のお題「お花見」

都内で、混雑を避け、子どもも走り回れるお花見スポットとして、

うちでは小石川植物園を推しています!

園内での飲酒は禁止なのですが、その分すいていますし、

小さな子連れだとゆっくりお酒を飲んだりしないのでモーマンタイ!

今回は小石川植物園の概要と、今年のお花見の様子、

そして近くにあるもう一つのお花見スポット「播磨坂」をご紹介します。

小石川植物園の概要

f:id:uchinokosodate:20180326090529j:image

www.bg.s.u-tokyo.ac.jp

小石川植物園は、東京都文京区にある、東大附属の植物園です。

都営三田線白山駅から徒歩10分、

東京メトロ丸の内線の茗荷谷駅から徒歩15分くらいです。

園内はソメイヨシノのほか、ツバキ園梅林ツツジもあります。

日本庭園には池もあって、魚や鳥が見れるので、子どもたち大喜び。

さりげなく、ひっそり小さな鳥居があって、冒険心を掻き立てられます。

入園料は大人400円。中学生・小学生は130円です。

月曜日は休園です。

◆今年のお花見の様子

3/24(土)よっぴぃのいとこ一家と、おばあちゃんとお花見しました。

桜の開花状況は・・8割といったところ。

でも、昼過ぎにはどんどん咲いてきて、

帰るころには「もう満開!?」という感じでした。

●午前10:30、入園。全然混んでいません。

桜の下で、ベンチがある辺りで場所取り。

ベンチは人気で残り2席でしたが、少し休んでまた

歩き出す方もいたので、背中のある良い席が取れました。

f:id:uchinokosodate:20180326090612j:image

f:id:uchinokosodate:20180326091029j:image

1本離れた場所にある「しだれ桜」がきれい。

裏の小道に回ると、近くで写真が撮れます。

f:id:uchinokosodate:20180326090629j:image

●11時、お弁当を食べ始めます。

パン、ハム、チーズ、卵などを使って、サンドイッチ屋さんごっこ。

気づいたら、よっぴぃがチューブのバターを大量に絞り出していました。

へび~♪

でた!満面の笑み攻撃・・!怒れないやつ!

慌てすぎて写真撮るの忘れちゃいました・・。

f:id:uchinokosodate:20180326090652j:image

日が差して暑くなってきました。

園内はまだまだすいています。

f:id:uchinokosodate:20180326095835j:image

●12時、お弁当を食べ終わり、子どもたち走り回る。

混んできましたが、それでも走り回れるくらいの混みよう。

f:id:uchinokosodate:20180326091001j:image

よっぴぃ、ついに半そでになりました。暑い!

ちょうちょを追いかけ、

f:id:uchinokosodate:20180326090744j:image

低木の茂みでかくれんぼをし、

f:id:uchinokosodate:20180326090807j:image

さくらの花びらを「ひらひら~♪」とさせて、

こどもチャレンジのDVDのものまね「オノマトペ~♪

f:id:uchinokosodate:20180326090818j:image

●13時、お開き。家路につきます。

本当は、日本庭園や、ツバキ園を通って正門に戻りたかったのですが、

大人たちにもうそのパワーはなく。

荷物も多いし、お昼寝の時間が遅くなると困るので帰りました。

◆周辺のお花見スポット、播磨坂

播磨坂(はりまざか)は、小石川植物園の目の前にある坂です。

茗荷谷駅は、播磨坂の上にあります。

坂の下から上まで、歩いて10分くらい。

坂の両側と、真ん中に歩行者ゾーンがあって、桜が植えられています。

ちょうちんが付けられていて、昼も夜も花見客で賑わっています。

毎年席取りは結構激戦らしいです。

こちらはお酒も飲めるから、会社のお花見でも利用できますしね。

今年は、帰りに歩いてみたかったのですが、

子どもたちと遊んで疲れたので断念しました。

夕方に通った時に撮った写真がこちら。

f:id:uchinokosodate:20180326090838j:image

元気があれば、ついでにこちらも散策すると楽しそうです。

◆おわりに

小石川植物園、落ち着いていて大好きなスポットですが、

駅からの道でも園内でも坂が急です。

f:id:uchinokosodate:20180326090903j:image

園に入るまではベビーカーがあった方が楽ですが、

ストッパーをかけずに坂道でベビーカーを放すと

危険ですので注意してください!

また、根っこがごつごつした地面や、日本庭園周辺の山道は

ベビーカーでは通りにくいので、ここも注意ポイントです。

5月はツツジもきれいだし、また遊びに来たいです♪

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!