面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

腰痛向け!高反発のおすすめマットレス|ライズ「スリープオアシス」の使用感をレビューします

子どもが生まれてからずっと課題だったベッド問題。元々はIKEAのベッドだったのですが、子どもが落ちたら危険なので、解体してマットレスだけ使っていました。このマットレスも「よごれ」「狭さ」という問題があり、散々悩んだ結果RIZE(ライズ)スリープオアシスというマットレスに買い換えました!こちらは敷布団としても使えるマットレスで、エアウィーヴに似ていて、より安価。有名な陸上選手、野球選手も使用を推奨しているとのことで、テレビの通販でもよく見かけていました。夏に購入し、冬も使用してみて、使い心地・手入れのしやすさ・注意点などいろいろ分かってきたので、本日はまとめてレポートしたいと思います。布団・ベッド・マットレスの買い替えを検討中の方の参考になれば嬉しいです。

▼IKEAベッドの解体についてはこちらの記事をご覧ください▼

寝室の模様替え ベッドを解体しました!

続・寝室の模様替え IKEAのベッドを解体→粗大ごみに出した話

広告

我が家のベッド問題

はじめに、以前のマットレスで抱えていた問題点をちょこっと解説。

マットレスが汚い

以前はペットの犬も一緒に寝ていたベッド。子どもが生まれてからは、度重なるオネショが染みたベッド。そりゃ、汚いわ。。大きいマットレスだったので洗うこともできず、シミが沢山ありました。私も子どももアレルギー性鼻炎で、絶対このベッドも原因の1つだと思っていました。

狭い

2人目が生まれると、家族4人で寝るにはクイーンサイズでは狭いと感じるようになりました。ただでさえ赤ちゃん抱っこして全身筋肉痛なのに、寝る時まで無理な体勢で、起きたらカラダが痛いなんて悲惨すぎる。しばらくは夫のみ別の部屋で寝ていましたが、子ども達2人を私一人で寝かしつけするのも大変だし、夫は夫で家族一緒に寝たいみたい。こりゃベッドを広くするしかない!という結論に至りました。

RIZE(ライズ)のマットレスを購入

信頼する整体師さんがエアウィーブを勧めていたのですが、エアウィーブは価格が高すぎて買えない。。そこで、エアウィーブと似た構造・素材「繊維状のポリエチレン」にして、価格は約3割安いという、ライズのマットレスを購入することにしました。(『敷布団タイプ、シングルの価格比較』ライズ:29,990円~、エアウィーヴ:42,900円~ ※2020年1月時点)

ライズ商品4タイプの比較

ライズの中にも商品は4タイプあります。選んだのは「スリープオアシス」。主な違いは硬さ・通気性・使い方なのですが、我が家は硬さ・通気性が共に最上位で、1枚で敷布団としても使用できるスリープオアシスを選びました。分かりやすく言うと、

  • 硬い方が:姿勢を保ちやすく体が痛くならない
  • 通気性が高い方が:夏涼しく冬暖かいカビ・ダニ対策にもなる

という感じです。HPの「マットレス比較」には4タイプの比較表が載っています。図が分かりやすくて比較が楽!ちなみに、テレビ通販では「スリープマジック」という商品がよく出ています。スリープオアシスより柔らかいのが特徴で、厚さも4、8、12cmの3種類から選べます。ソフトで厚みがあるタイプが好きな方にはこちらもおすすめ。

▼ライズのHPはこちら▼

スリープオアシスの魅力

我が家が購入した「スリープオアシス」の魅力をまとめました。

  1. 子どもが落ちても大丈夫な高さ:マットレスの高さは5cm。カバーを入れても6cm位です。寝相の悪い子どもが転がって落ちても大丈夫。
  2. 手入れが楽:カバーは洗濯機洗い可能。中身のマットレス本体はシャワーで水をかけるという方法で、丸洗いが可能。子どもがオネショしても大丈夫!後で詳しく書きますが、掃除機をかけるのも楽!
  3. 身体が痛くならない:エアウィーブと同じ、「繊維状のポリエチレン」という素材を使った高反発のマットレスで、全身を正しい姿勢のまま支えてくれるので、身体が痛くならないのです。寝返りがしやすいのも高反発ならではの特徴。
  4. 夏涼しく、冬暖かい:中に空気を含む構造なので、夏涼しく冬暖かいという特徴があります。カバーの生地も、表は夏用の綿のキルト、裏は冬用のふかふかマイクロファイバーなので、季節に合わせて最適な肌触りを選べます。
  5. ダニ・カビに強い:通気性が良く、湿気が中にこもらないため、ダニ・カビがつきにくいです。私と子ども達はハウスダスト中のダニアレルギーで、毎朝ひどい鼻水に悩まされていましたが、ライズのマットレスに替えたらレベル10→5位良くなりました。
  6. 電気毛布・布団乾燥機が使える:高温に弱い素材なので、エアウィーヴだと温風での布団乾燥機はNGだったりするのですが、ライズの場合は70℃までなら使用可能

ライズのコールセンターに聞きました

取り扱い説明書には布団乾燥機OKと書かれているのですが、心配だったのでコールセンターに聞いてみました。

ライズ
確かに高温NGの素材ですが、70℃までなら使用可能です。ただし電気毛布のように、長時間、上に乗って圧力がかかる状態は高温になりやすいので、間に1枚布を挟むことが推奨されています。

去年買った布団乾燥機が無駄にならなくて嬉しい!!

使用した感想(レビュー)

実際に使用してみた感想です。

簡易包装ですぐ使える

段ボールを開けると、薄い布製の簡易バッグ。中には既にカバーが付けられたマットレス。広げてすぐ使えます。簡易包装はコストを下げる為の工夫でもあるそう。梱包材の廃棄・カバーの取り付けが不要なのは、こちらとしても有り難いです。

子どもが寝返りしまくる

広げると、3歳と1歳の子供達がゴロゴロ転がって大はしゃぎ。高反発マットレスは寝返りしやすいという特徴があり、これすなわち身体が痛くならない秘訣でもあるのです。確かに寝返りしやすいみたいで、朝起きると子供達が180度回転していたり、全然違う所まで転がっている事が増えました。この年になって姿勢の重要性をひしひしと感じているので、子どもの体にとって良い商品であることが一番大事!買って良かったと思います。

腰痛が楽になる

夫は腰痛持ちで、たまに身体を真っ直ぐにできないほど腰が痛いという事があります。いつもは整骨院に行って治してもらうのですが、ライズのマットレスで3時間昼寝したら治ったと言うからビックリ!でも、これは最初だけ。3カ月経った今は慣れたのかそこまですごい威力を発揮してはいませんが、たまに他の布団で寝ると身体が痛くなるので、やっぱりライズのマットレスは楽なんだなと実感します。

肌触りが良い

上:夏用キルト生地 |下:冬用マイクロファイバー生地

はじめは夏用のキルト生地の面を使ってみたのですが、かなり気持ち良い。紺色なので、子供達のヨダレや汚れが目立つのがちょっと気になるのですが、見えないからといって汚いのを使うより、見えるからキレイにして使う方が衛生的ですよね。冬になって、冬用のマイクロファイバー面を使ってみたら、これまた最高に気持ちいい!!表が夏用、裏が冬用なので、わざわざ付け替えなくても裏返すだけで変えられて便利です。

洗ってみた感想(レビュー)

導入2日目にして、子どもがオネショ。早速洗ってみました。

カバーを外す

マットレス中身は3つに分かれています。L字型のファスナーを開けて、カバーから取り出し。それぞれに薄い白のカバーがかかっています。薄いカバーはピッチリサイズで外すのが大変でしたが、3つに分かれているので、オネショした場所のマットレスだけ、外して洗うことができます。

カバーは洗濯機で洗う

本当は洗濯ネットに入れるよう勧められているのですが、紺色カバーはかなり大きく、我が家のネットには入りませんでした。どれくらい大きいかって、折りたたんで入れると洗濯機いっぱいになるくらいです。洗い終わって取り出したら、中の方は濡れてない気が、、。汚れている部分を外側にして洗うのがおすすめです。

ライズのコールセンターに聞きました

コールセンターの方もライズの商品を使っているというので、どうやって洗っているか聞いてみました。

ライズ
カバーが入る大きさのネットは「ニ〇リ」などのインテリア店で購入できます。最初のうちは撥水して水が染み込まない可能性がありますが、一度水を通すと濡れるので、予洗いするのがおすすめです。何度か洗うと予洗いなしでもしっかり濡れるようになります。

最初のうちはお風呂場でシャワーかけちゃうのが良さそうですね。

マットレス中身はシャワーをかけて洗う

カバーを外したマットレス中身は、水のシャワーをかけて洗います。高温NGなので直射日光、浴室乾燥はダメ。お風呂場に立てかけて置いたのですが、極細ファイバーが繊維状に絡まっている構造の為、簡単には水が切れない。夜になっても振ると水が飛び散るので焦りました。結局、冷風にして浴室乾燥にかけたら1時間で乾いたので一安心。

ライズのコールセンターに聞きました

中身の洗い方も、コールセンターの方のやり方を教えてもらいました。

ライズ
浴槽の上にフタのように置き、両面をタオルで拭きます。水が垂れなくなるまで換気扇をかけて放置します。それから室内に立てかけ、夏は扇風機を当てて乾かします。冬は加湿器代わりに置いています。

数時間はかかりそうですね。でも、冬は加湿器代わりにするって良いですね!そのアイディアいただきます!

実は掃除機がおすすめ

洗えて衛生的なのがライズのおすすめポイントなのですが、実は掃除機をかけるだけでもすごく綺麗になるというのも良いところ。数か月使用して気になっていた、何かのクズ(たぶん子供の服についてた食べかす)や、白いシミ(たぶん子供のよだれ)が、ダイソンの掃除機をかけてみたら一発で取れて、見違えるほどきれいになりました。掃除機のキャビンにはハウスダスト的な細かい塵がいっぱい!!以前使っていたマットレスも同じ掃除機で吸ってたけど、ここまで塵は取れませんでした。これも高反発の恩恵掃除機がかけやすいってこと?確かに、感触的にも掃除機かけやすかった。シーツをつけないで使えるので、掃除機をかけたときにシーツが吸い込まれることがないのが良かったのかも。何はともあれ、清潔を保ちやすいのはすごく助かります!

おわりに

いかがでしたでしょうか?私の個人的な評価は、商品の満足度は95点というところです。身体が楽、手入れが楽、という点で以前のマットレスよりずっとずっと良いのですが、どちらも超感動!!というレベルではないので-5点。でも、エアウィーヴ様とほぼ同じ素材・構造・特徴を持ちながらにして、価格が25%安いということを考えると、コスパはかなり良いと思います。セミダブル2枚をエアウィーヴで購入すると51,700円×2=103,400円。ライズなら38,489円×2=76,978円。26,422円も安い!「エアウィーヴに興味はあるけど10万超えはちょっと・・」という方にはぜひおすすめしたいです。

それと、コールセンターの対応には大満足でした!布団乾燥機のことを確認したくて電話したのですが、すぐ繋がるし、とっても親切!!大体コールセンターって全然繋がらないイメージだったのですが、「お待ちください」のアナウンス後1コールでスタッフの女性に繋がりました。商品名と布団乾燥機の仕様を伝えると、その場できちんと確認してから答えてくれたので信頼感がわきました。ついでにカバーとマットレスの洗い方も聞いてみたら、ご自身のやり方を教えてくれて、HPや取扱説明書には載っていない良い情報がもらえたので、この記事でも紹介させて頂きました。アフターフォローが良いと、次もまたライズで買おうと思いますね!マットレス、布団の買い替えを検討中の方は、ぜひ一度ライズも見てみて下さい。

▼ライズのHPはこちら▼
最新情報をチェックしよう!