面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

白粋(HAKI)の七夕飾り|コンパクトでオシャレ、飾りつけ簡単!

もうすぐ七夕。七夕といえば、笹の葉と短冊の飾り付けですよね。保育園でも毎年、折り紙で七夕飾りを作っています。


それはそれで良いのですが、なんかこう、もうちょっとちゃんとした七夕飾りも欲しいなあ、、と思っていたら、オシャレな雛飾り・兜が人気の白粋(HAKI)が七夕飾りも作っているというではありませんか!これは見逃せないと思い、早速チェックしてみました。

広告

白×金×銀の繊細なデザイン

白粋の特徴は白を基調とした繊細なデザイン。七夕飾りといえば「五色の短冊」というように、赤・緑・黄色など沢山の色が飾られる事が多いですよね。その当たり前を覆し、なんと笹の葉まで白で表現したところに、白粋のオリジナリティーがあり、他にはない真新しさ・オシャレな雰囲気を生み出しています。家のインテリアで季節の飾り付けを楽しむって、それだけでも素敵だと思うのですが、遊びに行ったお家にこんな七夕飾りがあったら一瞬で「オシャレ確定!」って感じですよね。

(大)織姫・彦星セット

コンパクトで飾り付け簡単

大きさは2種類。小さい方は幅が14cm、大きい方は約28cmです。

(小)ミニ飾りセット
(大)織姫・彦星セット

小さいのもさり気なく飾れて良いですが、大きい方なら織姫・彦星のお人形が付いています。保育園で作る飾りには人形がない事が多いし、七夕の歌にも登場しないから、息子は織姫・彦星の事を知らなかったみたい。七田式の教材CDの歌で初めて聴いて、「おりひめひぽぼしって何?」と言っていました。人形付きの飾り付けなら、「これが織姫彦星だよ」って教えられるし、七夕伝説の話をしたときも、子どももイメージがわきやすくなりそう。大きい方でも、高さは20~30cmとコンパクトなので、飾りつけも簡単で場所を取りません。

職人技が光る京都ちりめん

白粋は京都のちりめん職人が一体一体手作りしており、丁寧であたたかく、品質の高さを感じられるのも魅力の一つ。実は七夕は、3/3の桃の節句、5/5の端午の節句と並ぶ「五節句」の1つなのだそうです。短冊には願い事を書いて吊るしますが、昔は詩歌裁縫の腕の上達、整理整頓が上手にできるように・・なんてことも願う行事だったそう。子どもが健やかに、明るく楽しく、幸せな大人に育つように・・。子どもへの愛情をこめて、毎年飾れる素敵な七夕飾りがあるのも良いですよね。白粋シリーズには雛飾り、兜飾り、正月飾りなどもあるので、揃えるのも楽しい!

雛飾り(令和モデル)

おわりに

夫の実家は床の間があり、毎月飾る物を変えて季節の移ろいを楽しんでいます。我が家はマンションで飾れる場所は限られてるけど、テレビ台の上でも、戸棚の上でも、ちょっとオシャレなものを飾っ日々の暮らしに楽しみを添えたいものです。きっと子どもにとっても、そうやって伝統とか日本の暮らしを肌で感じるのって良いことだと思うし、生活を楽しむ事って生きる基本姿勢というか、楽しく生きるのに必要な力だと思います。白粋のオシャレな七夕飾り、おすすめです!

最新情報をチェックしよう!