面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

七夕飾り(短冊)|3歳の息子&親の願い事、星型飾りのアイディア紹介

もうすぐ七夕。3歳の息子が通う保育園から、短冊に願い事を書いてくるようお知らせがありました。ミッションは2つ。

  • 子どもと、保護者の「願い事」を書く。
  • ★の中を自由に飾る(色を塗る、顔を描くなど)

本日は、我が家の短冊制作について書いてみたいと思います。

広告

3歳息子の願い事

息子(よっぴぃ)に「お願い事ある?」と聞くと、

しんかんせん。

・・新幹線がどうしたって??・・という訳で、そこから一問一答。

私「新幹線がなんなの?」

息子「線路を走ってほしい」

私「おもちゃのプラレールの線路を走ってほしいってこと?」

息子「うん」

私「なんの新幹線?」

息子「つばさ」

こうして導き出された息子の願い事は:

”プラレール「つばさ」が、よっぴぃの線路を走りますように”

知ってたけど、やはり彼の頭の中は電車のことでいっぱいのようです。

親の願い事

さて、次は保護者の願い事。夫に「願い事ある?」と聞くと、

やせたい。

・・え~っと、保育園に名前入りで飾られるんだけど、それで良いですか??

「ダメです・・」ということで、私が考えることになったのですが、ありきたりの願い事しか思い浮かばない。

”家族みんなが元気で、ニコニコ笑顔で過ごせますように”

30歳後半にもなると、まわりに病気の人とか増えてきて、自分も体調崩すことが増え、つくづく健康って大事だなと思うんですよね。でも、あまりにもよくあるフレーズで、こうなると息子のプラレールの方が個性が出てて良いなーと思えます。

1歳娘の願い事

まだ保育園に通っていないけど、1歳の娘の願い事も想像で入れてみました。

”はやくお兄ちゃんといっしょに歩けますように”

3歳息子が喜びそうな内容にしてしまいました。いやむしろ、2人並んで歩く姿を見たいという親の願望か・・。

★の中を飾りつけ

次は、短冊の上についている★の飾りの装飾。「色を塗ったり、顔を描いて」ということだったので、息子に色を塗ってもらうつもりだったのですが、ぼんやりしてたら締切間近になってしまったので、私が描いてしまいました。

息子の願い事を絵にして、”新幹線「つばさ」がプラレールの天の川を走行する図”

「大体こんな感じだよねー」と、適当に色を塗ってから一応「つばさ」の画像検索したら、模様がちょっと違って焦る

新幹線「つばさ」

鉄道マニアの息子に完成品を見せてみると「顔がびよ~んってなってないから、ちょっと違うね!」・・模様以前の問題でした。

おわりに

できた短冊を笹の葉に飾り、息子も嬉しそう。保育園でこういう機会を作ってくれるのは本当にありがたいと思います。準備してくれる先生たちは、みんなの短冊を作って、1人ずつ袋に入れて配布するんだから大変ですよね。7月7日は、いろんな人への感謝と、家族への愛情を思い浮かべながら、夜空の星を見上げたいと思います。

最新情報をチェックしよう!