面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

ワークマンでも売っている”空調服”(扇風機服)試着レビュー|ベスト、レディース向けなどおすすめ5着を徹底比較!

毎日35℃を超える猛暑。日差しも強くて、外出が本当に大変です。対策アイテムは一通り持っているのですが、どれも難点があって使いづらい。

  • 帽子: 風で飛ぶ。前が見づらい。蒸れる。
  • 長袖カーディガン: 蒸れる。ずり落ちて邪魔。
  • 日傘: 風で飛ぶ。ベビーカーを押しながらさすのが大変。荷物が増える。
  • 小型扇風機:ベビーカーを押しながら持つのが大変。手が疲れる。

何か良い解決策はないものかと思案していたところ、義兄から耳寄り情報が。なんでも、自転車通勤している兄はTシャツの中に小型扇風機を入れていて、これがかなり快適らしい。そういえば、扇風機が付いている服を最近テレビで見たなと思い調べてみたら、「空調服」といって、製造メーカーは国内で10社以上あり、作業着用からアウトドア用までかなり種類豊富!専門サイトもあって、メーカー毎に比較したり、人気ランキングを見ることができました。

ワークマンでもいくつか売っているという事で、店舗で試着してみたら意外とファンが目立たず普段使いもできそう。・・という事で、今日は空調服を着てみた感想と、数多くの中からお気に入りの1着を選ぶためのポイントを紹介したいと思います。

参照した空調服の専門サイトは、国内11社のメーカーの商品をカテゴリ毎に見れる上、比較表レビューが多く載っていてとても参考になります。興味のある方はぜひ見てみて下さい。

広告

空調服の試着レビュー

それでは、まずは実際に着てみた感想から。私の身長は155cmで、普段はMサイズの服を着ています。

ワークマン「windcore(ウィンドコア)」ベスト

左が長袖、右がベスト

はじめに着たのはワークマンのオリジナル商品。デザインもオシャレでとても気に入りました。作業着感が全くなく、レジャー用という感じ。普段使いにぴったりです。

見た目

一番小さいSサイズのベストを試着しました。着膨れしないか、ファンが目立たないか、が気になっていましたが、この通り!腰回りにファンがあり、稼働すると背中が膨らみますが、フードのおかげで横・後ろから見ても膨らみが目立ちません。

ちなみにフードは取り外しも可能。色は2色使いでデザインがオシャレ。暗いところで光る反射材が付いており、撥水・防汚加工もされています。

涼しさ

首まで風が吹き抜けて気持ち良いです。袖口や腰回りのヒモをしっかり締めて、風がもれないようにするのが、涼しく感じさせるポイントです。エアコンの冷風のように冷た過ぎないのが良いですね。風量は4段階から選べます。

バッテリーの操作は簡単。電源オン/オフと、風量レベルの▲▼だけ。

写真はMaxの4の状態で、風はかなり強くて涼しいですが、音もそこそこ大きいです。外なら気にならないけど、室内や電車の中は厳しいかな。風量1なら音はするけどだいぶ静かになります。

重さ

重さは約550g。バッテリーもファンも手のひらサイズで小さいです。

バッテリー
ファン

トイレットペーパーが1ロール約300gだそうで、2個分と考えればそれほど重くないですね。持った瞬間はずっしり重さを感じましたが、着てみたら全然平気でした。

ワークマン「windcore(ウィンドコア)」長袖

試しに長袖も着てみました。こちらはSSサイズがなかったのでSサイズ。だいぶ袖が長く大きいです。ワークマンならSSサイズが良いみたい。2色使いのデザインはやっぱり好きです。

アイトス【空調服】「TULTEX(タルテックス)」

こちらはアイトスのタルテックス(ベスト)。サイズがSSからあり、専門サイトでの”女性向け・小さいサイズのランキング1のアイテムです。ワークマンのwindcoreよりシンプルでどんな服にも合わせやすそう。

見た目

一番小さいSSサイズを着てみました。SSサイズはワークマンのSサイズとほぼ同じ寸法。袖口を締めるヒモがないので、空気を溜めない分着膨れ感がなく、ワークマンよりゆったり大きめに感じます。フードがなくデザインもシンプルです。撥水・防汚加工あり。

涼しさ

ワークマンと同じく風量4段階から調節できます。袖口からも空気が出るので、首元の涼しさはワークマンに及ばずですが、その分脇が涼しい。中に保冷剤を入れるポケットも付いています。

重さ

服とバッテリー合計の重さは不明ですが、バッテリーのみで約250g。どのメーカーもバッテリーの重さは大体300g前後です。フードがなくシンプルなので、ワークマンより軽く感じました

ジーベック【空調服】「ハイブリッドベスト」

こちらもSSサイズからあるのですが、店頭になかったのでSサイズを着てみました。

見た目

フードがなくシンプル。ちょうどワークマンとアイトスの中間という感じで、袖口の程々の締め付け感はワークマン寄り、生地の薄さ・シンプルさはアイトス寄りという感じ。両サイドにポケットが付いているのも便利。SサイズでもアイトスのSSより着丈が4cm短く、少し小さめに感じます。更に小さいSSサイズもあるので、小柄な方には特におすすめです。

涼しさ

残念ながら試着服にファンが付いておらず、涼しさは試せませんでした。ただし、ジーベックとアイトスは同じ「空調服」というグループで、バッテリー・ファンは共通なので、涼しさはアイトスと同程度だと思われます。特記すべきは生地が”高密度ポリエステルタフタ素材”といって、防風性が高く、生地から風が漏れにくいとのこと。服の中でしっかり循環するから涼しそうですね。

重さ

ファン・バッテリーが付いていないので全体の重さは体感できませんでしたが、アイトスと同程度かと思われます。服だけ持つとかなり軽くてびっくりしました。

ビッグボーン【空調風神服】GINWASHIヘリンボン長袖ジャンパー

ファンが付いていたので着てみた長袖。

見た目

Lサイズでかなりぶかぶかでした。元々腕が太いデザインで、風を通すと更に太くなります。

身長165cmの夫が着るとこんな感じ。

夫は普段M~Lを着ています。丈は少し短めですが、全然違和感ないですね。普通のジャンパー着てるみたい。

涼しさ

ビッグボーンは【空調風神服】というグループに入っており、このグループのファンはレギュラータイプとハイパワータイプがあります。試したのがレギュラータイプで、出力数・稼働時間などの性能はアイトス・ジーベックとほぼ同じ。ですが、長袖だと上半身全体が涼しくなるので、体感温度はかなり下がります。ハイパワータイプだったらどれだけ涼しいことだろうかと期待大。

重さ

長袖だからか、生地が厚いからか、Lサイズだからか、かなり重い。。バッテリーの重さは275gで他とそう変わらないのになんで??もしかすると、他がポリエステル100%のところ、こちらは綿が60%入った混紡だから・・という要因もあるかもしれません。

空調服を選ぶポイント

色々着てみて、商品によりだいぶ違いがあると実感しました。個人的には、デザインならワークマン、着心地ならジーベックが好きでした。専門サイトのオンラインショップなら、店頭にない商品も買えるので、更に多くの商品を比較検討できます。そこで、比較検討する上で見るべきポイントを書き出してみました。

1. 素材

素材は主に3種類。ポリエステル綿その混紡です。涼しさで選ぶならポリエステル、着心地で選ぶなら綿、どちらも中間ですがお手入れのしやすさで選ぶなら混紡、という感じです。

ポリエステル100%

綿100%

ポリエステル+綿

長所 ・空気を含みやすく一番涼しい耐性が高い・速乾性が高い ・丈夫に強い・に優しい・通気性が高い ・洗濯、乾燥が・ポリエステルと綿の良いとこどり
短所 が肌に張り付きやすい・洗濯の際、毛玉ができやすく、色移りしやすい・に弱い 乾きにくい・高温で洗うと縮むシワができやすい ・涼しさ、着心地、耐久性など、「悪くないが、まあまあ」にとどまる

 

2. 袖の長さ

ベスト

日常使いしやすく、腕も動かしやすいです。フード付きなら帽子入らずで頭も涼しく、オシャレもできて一石二鳥。日焼けが気になる時は、下に長袖インナーを着ても良いですね。

半袖

中に袖なしインナーを着る時は特に半袖もおすすめ。袖なしワンピ+カーディガンという組み合わせをよくするなら、カーディガンの代わりに羽織るのもアリですね。袖の中も風が吹き抜けるので、ベストより脇・腕が涼しくなります。

長袖

日焼け予防もしたいなら長袖。袖が膨らむので、腕が動かしにくい着膨れ感がちょっと気になりますが、袖がある分腕全体が涼しくなります。虫よけにもなるので、登山やキャンプなどアウトドアで使うのにもぴったりですね。

3. ファン・バッテリー性能

メーカーによりファン・バッテリーの性能が異なります。専門サイトに比較表が載っているので、風の強さ稼働時間重さにこだわる方は要チェックです。

ざっくり言うと、風の強さを重視するなら出力数が大きいバートル、風量最小時の連続稼働時間の長さなら空調風神服グループのメーカー、風量もそこそこで稼働時間が長いのはシンメン・・という感じです。

4. 付随機能

商品により、様々な機能が加わっています。似た商品で迷ったら決め手になりますね。

  • 紫外線・赤外線カット
  • 保冷剤ポケット付き
  • 撥水・防汚加工
  • 防臭加工

5. 価格

空調服は「」+「バッテリー&ファン」の購入が必要。ベストの場合、服のみで3,000~6,000円前後。バッテリー&ファンは10,000~12,000円前後です。基本的には服とバッテリー&ファンは同じメーカーで揃える必要がありますが、【空調服】や【空調風神服】などグループに所属している場合は、同じグループなら他メーカーの服でも共有できる場合もあります。初めて買う時は全部セットになっているフルセットを選べば間違いないですが、気を付けるべきは後から単体購入する場合。着替え用の服を買い足すなら、服の種類が豊富なメーカーが良いですよね。また、バッテリーは最大風量時の連続使用時間が8時間のものが多いので、それ以上使用するときはバッテリーが2台必要になることも。購入後の使い方によっては、単体で購入する場合の価格も確認して決めた方が良いでしょう。

おわりに

年々暑さが厳しくなる日本。ベビーカーに赤ちゃんを乗せている時や、抱っこひもで抱っこしている時も対策が足りているか心配です。一応保冷剤を間に挟んでいるのですが、嫌がって泣くことも。もしかして、空調服を上から被せたら、ベビーカーの暑さ対策になるかも?自分のためにも、家族のためにも、熱中症対策に1着持っていても良いなと思いました。



最新情報をチェックしよう!