面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

ダイソーのおすすめオモチャ|プチブロックで車を作る!

100均といえばダイソー。ダイソーの品ぞろえには本当に感服します。幼児用のおもちゃもかなり充実していて、プラレールに似た商品や、ボーネルンドにありそうな知育玩具が、すべて100円!3歳の息子を連れて行って好きなのを選ばせたら、「プチブロック」という、小さなレゴみたいな商品を選びました。今日は、プチブロックで作った3つの車と、制作のコツ、遊ぶ際の注意点をレポートします。

広告

プチブロック 3作品

息子と作った3つの車たちを紹介します。

レーシングカー

初めに選んだのは赤い「レーシングカー」。帰宅してから一緒に取り掛かりました。中に組立手順が書かれた紙が入っているのですが、ブロックが小さいこともあって結構難しい!ほぼ私が作り、30分くらいで完成!息子も「タイヤに小さなブロックを1つ付ける」というのだけは覚えて、めでたく「タイヤ係」に就任しました。ブロックが多めに入っているのでいくつか余ります。それを息子が全部付けたので、こうなりました。斬新!!

救急車

次に作ったのは「救急車」。これは結構シンプルで作りやすかったです。途中で夫に代わってもらったら、「難しいじゃん、ママよくできたね」と驚いていました。レーシングカーでコツをつかんでいた私の方が、むしろ夫より早くできそう。途中でまた私に戻り、最後はタイヤ係の息子がタイヤをつけて完成!家族で共同制作できたのが楽しかったです。

消防車

3つ目は「はしご消防車」。組立手順に従って、何も考えずに淡々と作っていた私に対し、息子は「これ、はしごじゃない!?ここに付けるんじゃない!?」と、出来上がったパーツを見て全体像を考えている様子。私よりずっと立体感覚が発達しているようです。さらに驚いたのは、完成した消防車のはしごが、いつの間にか長くなっていたこと。息子が余ったブロックを継ぎ足して、はしごを長くしていたのでした。手先を使う遊びは脳にも良いと聞いたし、小さなブロックで遊ぶのはなかなか知育に良さそうです。

プチブロック制作のコツ

組立手順を見ながら作っていると、「あれ?どこかで間違った??」と途中で気づき、分解して作り直すことがしばしば・・。こんな失敗を通じて私なりに体得した「プチブロック制作のコツ」をご紹介します。

作業スペースを整える

ブロックが小さいので、少し触っただけで、どこかに行ってしまいます。おすすめは

  • の上(床だとかがんで組み立てるので疲れる)
  • 余計なものは片づける(ブロックが飛んだ時に見つけやすくする)
  • お菓子などの空き箱にブロックを入れる(飛散防止)

これで、だいぶ組立が楽になります。

分類してから組み立てる

工程ごとに、使用するブロックの種類が書かれているので、先にそれを揃えます。子どもに「赤の、縦3つで2列のブロックを3個見つけて」などお手伝いしてもらうのも◎。組立で間違えるとブロックが余るので、間違いを早期発見でき、被害が最小限で済みます。

太線をよく見る

間違えやすいのが、「同じ色・違う形」のブロック。縦6個のブロックを1つ使うのか、縦3個のブロックを2つ使うのか。縦3個×2なら、間に太線が入っているはずです。ブロックとブロックの境界の太線を見逃すべからず。

矢印をよく見る

基本は角(かど)を間違えない事。3段目の左上をはめる時は、2段目の左上のどこに角がくるか、矢印をよく見て組み立てます。1つずれるとその後が全部ずれるから要注意!ブロックが小さい分、一度はめると抜くのが大変です。間違いはなるべく回避しましょう。

分かりにくい時は後ろから数える

前から順にはめてたつもりが、途中でどこにはめればいいか分からなくなった・・。そんな時は、後ろから組み立ててみましょう。残ったブロックが、余った場所にぴったり収まります。

はまらない時は横に押す

上から押しても、どうしてもブロックがはまらない時。隣のブロックがはみ出ている可能性大です。隣のブロックを横から押して、定位置に戻すと、すんなり入るようになります。

取り扱いの注意点

できた作品はジップロックに入れておくと、ブロックの紛失防止になります。

紛失した場合、小さい子やペットがいると誤飲が心配。うちも気を付けていたけど、いつの間にか救急車の左の角が1ブロックなくなっていて青ざめました。頑張って探したけど見つかりません。仕方ないから諦めたんですが、

  • 遊ぶ場所をサークル内に制限する
  • 他のものは片づける

など、対策を取ってから遊ばせればよかったと反省しています。

おわりに

ほかにも「新幹線はやぶさ」「こまち」などがあり、新幹線は「先頭車両」と「中間車両」の2種類あって、連結もできます。息子は本当は新幹線が欲しいのですが、「1日1個だよ」と言ったら、つまんないと言って車にしていました。今日は先頭車両、明日は中間車両・・にすれば良いと思うのですが、どうも1回で完結させたいというこだわりがあるようです。加えて「後尾車がない」というのも気になるようでした。先頭車両が後尾車として、中間車両に連結できるのかどうか・・。そして、はやぶさとこまちは連結できるのかどうか・・。確かに気になるところです。今後、判明したあかつきにはブログにてご報告させていただきます!

最新情報をチェックしよう!