面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

【赤ちゃん・子連れのハワイ島観光①】ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ|プール、イルカ、レストラン情報

3世帯でハワイ島に行ってきました!ホノルルがあるオアフ島が都会リゾートなら、ハワイ島は大自然満喫リゾート。大人だけなら、マンタを見れるシュノーケリング&ダイビングや、標高4,000mを超えるマウナケア山頂で満天の星空を見るツアーなどが楽しめますが、小さい子は命の危険があるため参加できません。そこで今回は、【祖父母&赤ちゃん・子ども】と一緒に、みんなが楽しめるハワイ島の観光スポットを集め、数回に分けて紹介したいと思います。第一回目の今日はヒルトン・ワイコロア・ビレッジについて。子連れには外せない、丸一日遊べる大型リゾートです。

▼オアフ島についてはこちら。赤ちゃん連れでの飛行機の乗り方や、旅行の必需品も載せています▼

赤ちゃん連れでのハワイ旅行 飛行機、持ち物、おすすめの観光スポット・レストラン・買い物について

広告

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

ここはすっごく大きくて、プール以外でもリゾート内を走るモノレール(トラム)ボートに乗ったり、フラミンゴなどの生き物を見るという楽しみもあるんです。有料ですがイルカに触れ合えるアクティビティも!そして夕方は海に沈むサンセットを見ながら食事もできて、大人も大満足。楽しみつくそうと思えば丸一日いられます。

プール・ラグーン・ビーチ

コナ・プール

  • 淡水プールで、桟橋があり、アドベンチャー気分を楽しめます。滝の下をくぐるだけでも子どもには大冒険!

  • 結構深いので子供には浮き輪必須です。
  • 滝の近くの階段を上ったところに温水ジャグジーが2か所あります。寒くなったらここで休憩。

  • 滑り台は大小あり、小さい方なら3歳児でも使用可能。滝&大きい滑り台とは反対側にあります。
小さい方の滑り台
  • 両方行くなら歩くと遠いので、トラムボートを使うのがおすすめ。トラムの中は冷房で寒いので、バスタオルなど羽織れるものを持っていきましょう!
  • プールサイドには軽食・飲み物を買えるオーキッド・マーケット・プレイスバーがあります。
  • ひときわ目立つ屋根付きの椅子は有料です。1日200ドルという目玉が飛び出るお値段ですが、リラックスが目的と徹底して丸一日過ごすなら、これはこれで良い思い出かも。大人が多ければ交代で使って割り勘してもいいですね。

  • 無料で使える椅子は早くに埋まってしまいます。空いている芝生エリアに少し荷物を置くくらいならできますが、邪魔にならないよう配慮が必要。

  • 日差しが強いので、日よけ&水分補給の対策グッズは必須です!特殊加工で砂が付かず、羽織れるビーチマットLAGUがあると、日よけにもなるしトラム内での冷房対策にもなるので便利です。

海水ラグーン&ビーチ

  • 海水ラグーンではウミガメを間近に見ることができます。
  • シュノーケリングなら一緒に泳げますし、ボートカヤックを借りれば船の上から間近で見れますし、近くの通路を歩くだけでも上から見れます。
通路から見下ろすとウミガメが3匹も!
  • 水族館じゃないところで魚やウミガメが泳いでいるのを見れる経験は貴重!しかも1匹じゃなくて結構いっぱいいるからびっくりします。
  • サンドビーチでは気軽にビーチ体験ができます。赤ちゃんの初ビーチ体験におすすめ!

ドルフィン・クエスト

  • イルカに触れ合うアクティビティ。
  • 内容によって9つもプログラムがあり、「ウィー・トッツ」というものは18歳以上同伴なら2~4歳の子どもでも参加できます。ただしこちらは10分と短時間なので、写真撮るだけかも。
  • 5歳以上なら、イルカと泳いだり、エサをあげたり、芸を指示したりできるプログラムにも参加できます。
  • ドルフィン・クエストの様子は離れたところから見れます。タイミング良くイルカジャンプが見れました。
中央の集団がドルフィンクエストの参加者
  • 私は高校生の時、ホノルルのヒルトンでイルカと泳ぐアクティビティに参加したことがあるのですが、ほんの少し背びれにつかまってスィ~ッと動いただけだったけど、とっても嬉しくて写真をずっと大事にしていました。水族館でのイルカタッチとは感激が違います。水を通してイルカの体温が伝わってくるのを感じて、とても温かい記憶になったので、物心ついて子どもがやりたいと言った時にはぜひやらせてあげたいです。

乗り物

リゾート内を運行するトラムボートは無料で乗れます。

トラム

リゾート内を走るモノレールが「トラム」。繰り返しになりますが、中は冷房が効いていて寒いです。バスタオルや羽織れるものを用意しておくと安心。

ボート

ボートも端から端まで、いくつかの停留所に止まりながら動いています。水辺の植物や生き物が間近に見れるし、冒険感覚がトラムより強いので、子どもも喜びます。

生き物

魚・ウミガメ

海水ラグーンにはウミガメ、魚が泳いでいます。

イルカ

イルカはドルフィン・クエスト専用プールにいます。プログラムに参加しなくても、プールの上にかかる橋からすぐ側で見れます。

こんなに近くで見れます!

フラミンゴ・陸ガメ

中央入口からKPC(カムエラ・プロヴィジョン・カンパニー)というレストランに続く通路の横に、フラミンゴと陸ガメがいます。ガラス越しに、すごく近くで見れます。

レストラン

  • サンセットを見ながらリッチにディナーするならKPC(カムエラ・プロヴィジョン・カンパニー)がおすすめ。巨大なシーフードタワーはテンションが上がります。

  • ディナーの予約は宿泊しているホテルのコンシェルジュに頼んで取ってもらうと安心です。
  • ランチはオーキッド・マーケット・プレイステイクアウトして、プールサイドで食べるのもおすすめ。
  • イルカのラグーンを見ながらハンバーガーが食べられる、オープンエアのお店ラグーングリルも美味しかったです。
  • アイスクリームショップバーもあります。

おわりに

一緒に行った姉は「こんなに広いと思わなかった・・」と驚嘆していました。そうなんです、めちゃくちゃ広いんです。ショッピングできるお店もあるし、ゴルフコーススパもあって、もちろん宿泊もできます。オフィシャルサイトでは1泊311ドル~となっていますが、JALパックで調べたら飛行機代込みで4日間134,000円から出てました!しかも直行便!驚愕です。私たちは別のホテルだったけど、飛行機代だけで大人1人102,530円だったのに・・。(これでも散々探して多分最安だった)

JALパックはハワイに力を入れているらしく、レンタカーやWi-Fiの追加料金が無料だったり、子ども・幼児代金を格安にしたコースを出しています。ツアーを探すなら一度見てみることをおすすめします!

▼ヒルトン・ワイコロア・ビレッジのHPはこちら▼
次回はドトール直営のマウカメドウズ農園についてレポートします。こちらも想像以上に素敵な場所で、大人も子供も楽しめました。どうぞお楽しみに!
最新情報をチェックしよう!