面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

【手作りおもちゃ】ペットボトルで作る、赤ちゃん用カスタネットの作り方

保育園で先生が作った手作りカスタネットを見て、真似して作ってみました。ペットボトルの底にゴムを通し、縁にテープを貼るだけ。意外にも「カツカツ!」と大きい音が出て、0歳の赤ちゃんでも喜んで遊んでくれました。材料費がほとんどかからないので、お金をかけずに赤ちゃんが喜ぶおもちゃが作れておすすめです!

広告

用意するもの

  • 小さめペットボトル
  • はさみ
  • きり
  • ゴム
  • テープ

作り方

①ペットボトルの底を切る

はさみでペットボトルの底を切り落とします。ペットボトルは底の出っ張りが大きい方が良いです。縁は出っ張りより低くなるように切ります。

完成品を横から見たところ。「底の出っ張り」で叩いて音を出すので、周りの縁は「出っ張り」より低く切ります。

②端に穴をあけ、ゴムを通す

きりで穴をあけ、ゴムを通して、抜けないように結びます。

③縁にテープを貼る

マスキングテープや、絵柄のあるセロテープを縁に貼ります。厚いビニルテープだとはがれやすいので、薄くてやわらかいテープの方がおすすめ。

④完成!

ゴムとペットボトルの間に中指を奥まで入れて使います。

1つでも机や床を叩いて遊べます。2つ作ればラッコみたいに両手で叩いて遊べます。

おわりに

0歳8か月の娘に渡し、音を出して見せると、それだけで喜んでくれました。保育園の先生いわく、教えると0歳でも1人で叩いて遊ぶようになるそうです。娘はしばらくカミカミし、机を叩き、にんまりし、気づいたらペットの犬に奪われていました・・。君のおもちゃじゃないんだぞ~!

最新情報をチェックしよう!