面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

【パスポート申請】必要書類・料金は?代理申請は可能?東京都有楽町での手続きを徹底解説します!

前回の記事で、赤ちゃんのパスポート用証明写真を安く撮る方法を紹介しました。今回は、パスポート申請の必要書類、申請・受取の手順、注意点を紹介します。利用した申請窓口は、東京都有楽町の交通会館2階です。パスポート申請は、住民登録している都道府県が窓口になり、東京都では新宿・有楽町・池袋・立川の4か所で申請ができます。有楽町窓口の平日昼間の混雑っぷりもレポートしたいと思うので、行く予定のある方はぜひ参考にして下さい。

▼東京都の旅券申請窓口はこちら

東京都の旅券申請窓口アクセス

▼【前回記事】はこちら

【パスポート申請】証明写真はアプリで安く撮る!赤ちゃんの証明写真を撮る方法

広告

必要書類

初めての旅券申請の場合、必要書類は以下4点です。

  • 申請書
  • 戸籍抄本または謄本
  • 本人確認書類
  • 証明写真

2回目以降の場合は、有効期限切れかどうか、内容に訂正があるかどうか、紛失かといった状況に応じて必要書類が変わります。

詳しくはこちら▼

東京都旅券申請のご案内

①申請書

配布場所・ダウンロード

申請書は窓口にも置いてありますが、市町村役場に置いてあったり、ネットでダウンロードもできます。ダウンロードした場合は、web上で入力し、印刷することも可能。予め記入して行けば時間の節約にもなります。

▼東京都の申請書配布場所一覧はこちら

(東京都)申請書配布場所

▼申請書のダウンロードはこちら

旅券申請書ダウンロード

署名代筆の仕方

赤ちゃんなど署名できない場合、署名欄は「母代筆 佐藤太郎」のように書きます。

申請書(表)の所持人自署
申請書(裏)の申請者署名

訂正の仕方

訂正する時は印鑑は使用せず、二重線で消す(+署名)で対応します。ただし、署名は訂正できません。

代理申請

裏面の「申請書類等提出委任申出書」に予め記入して行けば、代理申請が可能です。申請窓口は平日しか開いていないので、今回は夫の分も私が代理申請しました。ただし、受取は日曜も可能で、本人が行かなければなりません。

②戸籍抄本または謄本

新規のパスポート申請には戸籍抄本または謄本が必要です(期限内に更新するときは不要ですが、本籍は記入するので確認しておきましょう)。我が家は私も前のパスポートが期限切れで新規作成になってしまい、赤ちゃんの分と私の分、2通申請しましたが、戸籍謄本は共有できて1通で大丈夫でした。同一戸籍内にある人が同時申請する場合、戸籍謄本1通で全員分申請できるそうです。ちなみに役所では、戸籍抄本は「個人事項証明書」、戸籍謄本は「全部事項証明書」とも言います。

③本人確認書類(原本)

免許証やマイナンバーカードなら1枚でOK。赤ちゃんでマイナンバーカードがなければ、健康保険証+母子手帳など、2種類の組み合わせが必要です。代理申請の場合は、申請者と代理人双方の本人確認書類が必要です。

④証明写真

申請窓口の近くにも写真屋さんがありますが、前回の記事で、アプリを使って安く撮る方法を紹介しています。アプリなら自宅でプリントすれば0円、コンビニなどでネットプリントしても30円でできるのでおすすめです。

▼【前回記事】はこちら

【パスポート申請】証明写真はアプリで安く撮る!赤ちゃんの証明写真を撮る方法

申請手順

有楽町窓口での申請手順を紹介します。

①整理券発券

まずは整理券発券の列に並びます。15分位並びました。書類がそろっているか確認してもらい、整理券をもらいます。証明写真もチェックされ、「これは少し影があるので、ソコの写真屋さんで撮り直してきてください」など言われる場合も。私は携帯アプリで撮った写真をコンビニでネットプリントして持って行ったので、隣のイトシア地下1階のセブンイレブンで違う写真を印刷し直しました。

②申請窓口に呼ばれる

整理券をもらってから、呼ばれるまで1時間待ちました。これでも待ち時間は短い方だそうです。ゴールデンウィーク前後は3時間以上待つそうですよ!窓口では書類の不備を直してくれて、持って行った証明写真も既定サイズに切り抜いてくれます。パスポートは2週間後に完成とのことで、受け取りの時に必要な引換証をもらって帰ります。

受取手順

2週間後以降、受け取りに行きます。申請は代理人でもできますが、受け取りは本人でなければダメ。東京都の窓口は、申請は平日のみですが、受取は日曜も可能。土曜は閉まっています。私たちは日曜の12時頃行き、30分ほどで受取できました。

①収入印紙を買う

受取窓口の近くにある窓口で、旅券手数料分の収入印紙を買います。料金は引換証にも記載されています。

②窓口で受付

窓口の左端にひっそりある「受付」に並び、引換証と収入印紙を渡します。ひっそりすぎて、気づかずに受付せずに受取の列に並んでしまう方もチラホラいたので気を付けて下さい!

③呼び出されたら受取

呼び出しまで待つこと30分。名前、生年月日を言い、顔写真や名前のスペルを確認したら受取です。待つところには椅子がなく、スペースも狭いので、赤ちゃん連れにはちょっと大変です。

おわりに

晴れて入手したパスポート!未成年者のパスポートは5年間有効です。赤ちゃんの時に作ると、1歳でも既に顔が全然違って「誰これ?」みたいになるのがちょっと面白いです。

それにしても申請も受取も、待ち時間が結構長くて大変でした。これでも空いている方だというからびっくり。赤ちゃんのぐずり対策グッズは必須ですね。

有楽町窓口は夕方以降の方が混むそうなので、午前中に行くのがおすすめです。ゴールデンウィーク前後は3時間以上、相当な待ち時間になると予想されると、東京都生活文化局HPにも書かれていますので、申請予定の方はお早めに。時間と気持ちにゆとりを持ってお出かけください!

▼東京都生活文化局HPはこちら

東京都生活文化局

 

 

 

最新情報をチェックしよう!