面白いコト、行って良かった所、買って良かったものを「うちのおすすめ」として紹介します。

「クワレスちゃんねる」さんからカブトムシをもらった!捕まえ方と飼い方も伝授!

有楽町に出かけたら、駅前で環境省主催の打ち水啓発イベントを開催しており、なんとカブトムシがもらえました!!!

いくつかの団体が参加するイベントで、たまたま通りかかった時に「クワレスちゃんねる」を運営するyoutuberさんが登場。クワガタに関するクイズゲームに参加すると、カブトムシがもらえるという企画でした。

私は1歳の娘と一緒だったのですが、保育園に行っている3歳の息子に、絵本や図鑑ではない本物のカブトムシを見せてあげたいと思い、恥をしのんでゲームに参加して参りました!通常はお客さんが多くて争奪戦らしいのですが、この日は東京は猛暑で、あまりの暑さにお客さんは6組ほど。最初のクイズは「子ども優先、子ども優先・・」と我慢し、次のゲームでまだ参加していない子供がいなくなったのを見計らって、ミヤマレスラーさんにアイコンタクトで必死にアピール。「お母さんも良かったら来ていただいて・・」というお言葉を頂けて、最初で最後のチャンスと思い、ゲームに参加しました。

広告

カブトムシの捕まえ方

ゲームは10秒以内にカブトムシを木の枝から取って、虫かごに入れるというもの。捕まえるときは、小さい方のツノを指でつまんで引っ張ります。簡単そうですが、やってみたらなかなか足が強靭で、引っ張っても枝にしがみついて離れない・・。カブトムシを触るのが初めての私は、足がちぎれたらどうしようと焦りましたが、なんとか無事採取。虫かごをまずは1歳娘に贈呈。分かるかな?分からないよね・・。

絵本と本物の違い

帰宅してから、本命の3歳息子に贈呈。「おみやげにカブトムシがいるんだよ」というと、「カブトムシって、あの、ぽーいって虫投げるやつ??」と、こどもちゃれんじの絵本で見た内容を思い出した様子。

そう、息子が知っているカブトムシ情報は、こどもちゃれんじの絵本がすべて。木の蜜をなめ、クワガタを投げ飛ばす。口はオレンジ色でブラシみたい。羽は4枚、足は6本。

【こどもちゃれんじ】

でも、実物は絵や写真とはちょっと違ったみたい。

「ねえ、動かないよ?」

うん。。あんまり動かないね。クワガタをぽーいと投げ飛ばす勇ましいイメージとは裏腹に、とっても大人しいカブトムシくん。

「ねえ、小さな虫がついてるよ?」

ああ、それね。。ググったら、ダニとかコバエとか来るらしいんだよね・・。外に置いておこうか。。

そう、これが絵本には載っていない現実。さらに、飼育のためにはエサ、昆虫マット、ダニ・コバエよけなどを購入し、糞尿で汚れる虫かごも掃除しなければならない、これも当然の事なのに、すっかり忘れていたシビアな現実。

カブトムシの飼い方

飼育用品はダイソーなど100均で購入できるようです。息子と買いに行って、虫を飼うってこういう事だぞ!という経験もさせてあげたい。本当は、森や山で自然の虫を捕まえるという経験もしてほしいですけどね。地方出身の夫は、小さい頃近くの森で大量に捕まえられたと言っていました。お盆で帰省したら行けるかな。

「あ、動いた!!!」

床に寝そべってじーっとカブトムシを見ていた息子が叫びました。

おお、良かった死んでいなくて。そうそう、クワレスちゃんねるさんは、カブトムシの飼い方も説明してくれました。ポイントは、

  • 暗くて涼しいところに置く
  • 霧吹きで湿らせる
  • をかけすぎない
  • 掃除する時は、虫かごを洗い、中のおがくずは捨てる

生き物を飼うって責任重大ですね。大切にして長生きしてもらおうと思います!

 

最新情報をチェックしよう!